えすけーぷ37のブログ

プチアウトドアや日々思ったことを書いていく雑記ブログです。

SOLO STOVEでアウトドアコーヒー②

昨日はお休みでいいお天気だったので、いつもの海まで徒歩でお散歩コーヒーに行って来ました。

いつもアルコールストーブの五徳代わりに使っているSOLO STOVEですが、この日は本来の焚き火台として使ってみました。

海辺の歩道脇に落ちている小枝と落葉を拾って燃料にします。

乾燥した落葉を着火材にして、程なくして小枝に火が着きます。

f:id:escape37:20200211171512j:plain


良く燃えるのでどんどん小枝を投入します。

f:id:escape37:20200211171440j:plain

小枝を投入しながらコーヒー豆を挽くのがけっこう忙しい。(笑)
f:id:escape37:20200211171559j:plain

海を眺めながら至福の一杯。

f:id:escape37:20200211171632j:plain

使い終わったSOLO STOVEの中を見ると、全て燃えて灰になっていました。

f:id:escape37:20200211171706j:plain

写真では枝の形が残ってますが、この後空缶に移してみると全て灰になっているのが判ります。

f:id:escape37:20200211171738j:plain

このSOLO STOVE、一見ただの筒のようですが、空気の流れがしっかり計算されており、内側上部の穴から2次燃焼を起こして強い火力を得られるようになっています。

f:id:escape37:20200211175810p:plain
(画像はSOLO STOVE HPより引用)


その結果、投入した小枝は最後までしっかり燃えて灰になります。


このSOLO STOVE、スノーピークのトレック900にスッポリ収まります。

f:id:escape37:20200211172206j:plain


その上に100均で買ったブリキ缶を灰の処分用に置いて、少し浮くけど蓋が出来ます。

f:id:escape37:20200211172434j:plain

これを同じく100均の巾着袋にしまってます。

f:id:escape37:20200211172559j:plain

このSOLO STOVE、燃料は落ちている乾燥した小枝でいいのでエコだし現地調達が簡単、アルコールストーブの五徳にもなる優れものです。

キャンプでアルコールストーブと小枝を拾って併用すれば燃料切れの心配も無く、安心感がありますね。