えすけーぷ37のブログ

プチアウトドアや日々思ったことを書いていく雑記ブログです。

「#検察庁法改正案に抗議します」に抗議じゃなくて質問したい

f:id:escape37:20200514155643p:plain

「#検察庁法改正案に抗議します」タグが伸びトレンド入りしているとニュースでもやるほど盛り上がっているようです。
(ちょっと数日過ぎたのでネタとしては少し古いかもしれませんが。)

何でも多くの芸能人等、著名人も声をあげ抗議ツィートをしているみたいですが、一法案にこんなに抗議の声が上がるのも珍しい事だと思います。

小泉今日子、浅野忠信、キャリーパミュパミュ(後に削除)、宮本亜門、西郷輝彦等々。

まだまだ沢山そうそうたる面々が声をあげています。

これはとんでもない悪法がつくられようとして、みんなが猛反対しているという事なんでしょうか?



何に抗議しているのかわからない


正直私にはこれのいったい何が悪くて猛反対しているのか解らなかったんです。


ネットで解説してくれてる方がいるので読んでみたところ、ザックリ言えば検察官の定年延長をするための法改正という事だと理解しました。

警察官や自衛官も定年延長している中、何がいけないんだろうかと思ったのですが恐らく問題視されているのが、


次長検事と検事長は63歳以降は平の検事になるが、内閣が定めた事情がある場合、最大2年、つまり定年まで次長検事、検事長という役職で勤務出来るという部分だと思います。

これだと内閣に都合のよさそうな人は役職を延長して勤務させる事になるんじゃないのって事が危惧されてるんだと思います。たぶん。


だけど、検察はそもそも行政機関であり、国家公務員。そして現状でも検事長以上は内閣が任命する人事権を持っているそうです。

これの何を大騒ぎしているのか分からないし、内閣が人事権を持っていなければむしろ強い捜査権を持っている検察組織の暴走、独善を抑えられなくなる。

ネットの虎ノ門ニュースで竹田恒泰さんと有本香さんが解説されていて、なるほどなと思いました。



そう理解した上でもしかしたら一部誤解があるかも知れないのが、


1 黒川検事長を半年定年延長した事に批判の前提があるが検察庁法案改正後、運用されるのは 2022年度からで黒川検事長の定年延長とは直接関係ないし、そもそも黒川検事長の定年延長は違法でも何でもない

2 コロナのどさくさ紛れに法案を通そうとしていると野党は宣伝しているが、そもそも国会はコロナ以外の法案もたくさん議論しているはずでやらなければむしろ国会は仕事をしていないことになる。


と、私の弱い頭で考えるとこうなります。何か間違ってるんでしょうか?



野党が反対や抗議の声をあげるのはまあわかります。それがが仕事だと思ってるみたいだから。

でも、少なくない数のタレント、著名人がここまで猛反対しているのが少し異常に感じられます。

ツィッターで抗議している著名人の方には何故反対なのかを分かるように発信して欲しいです。


だって、ほんとに何がいけないのか私には理解できていないですから。


ただ、政府も国民が不安を感じる声をあげているのであれば、何故その法案を通す必要があるのか丁寧に説明をして欲しいところです。